« 2014年2月16日 - 2014年2月22日 | トップページ | 2014年3月2日 - 2014年3月8日 »

2014年2月23日 - 2014年3月1日

2014年3月 1日 (土)

PM2.5

 今日から春だが、あまりいい春とは言えなさそうだ。中国大陸から汚染物質が飛んでくる。

 もともと、発展途上国は環境規制が緩いところが多い。我が国も水俣病やイタイイタイ病など、多くの公害病を出してきた暗い過去がある。しかし、経済発展とともに公害対策に力を入れてきた。しかし、中国は「世界第二位の経済大国」になったにもかかわらず、未だに金儲け優先である。

 中国の環境汚染問題は中国でも問題になっているが、漏れ聞こえてくるところでは日本でいうところの市区町村レベルで争いになった程度で、かつての水俣病や四日市ぜんそくのような国内で大問題になったという話は聞かない。中国政府の報道管制もあるだろうし、汚染をまき散らす企業と地元自治体・共産党幹部の癒着もあるだろう。

 かつて、日本の公害問題はマスコミとともに野党や労働組合が重要な役割を果たした。何しろ、高度成長期の自民党は公害問題に取り組むと企業の成長を阻害すると思い込んでおり、「カドミウム米は気合で食べれば問題ない」などと暴言を吐くほどだったからである。この点、「労働者への配分は企業の成長を阻害する」と今なお同じようなことを言っているのが気がかかりだが、ともかくも中国には野党は存在しない。

 となると、この環境汚染問題も結局のところは中国の民主化が進むかどうかが解決にとって重要になるということは間違いなさそうだ。

2014年2月27日 (木)

「アンネの日記」毀損事件

 全国の図書館や書店で「アンネの日記」が毀損される事件が多発している。アンネの日記は反ユダヤ主義者から非難されている本ではあるが、我が国に反ユダヤ主義者がいないわけではないが、欧米と比べて微々たる数でしかないし社会的影響力は皆無だ。むしろ日本は戦前から伝統的にユダヤ人やイスラエルには同情的である。

 特定アジア諸国が戦前の日本をナチス・ドイツと同じ犯罪国家だと宣伝している。今回の日記の毀損を喧伝することで「日本は今でも戦前を反省せずナチスと同じことをしている」という補強に使いたいと考えている可能性はある。そうなると、少数の反ユダヤ主義者の犯行と考えるほか、日本をナチスと同じようにして貶めたい国或いは反日主義者の犯行と言う可能性も考えないわけにはいかない。

 いずれにせよ、犯人は厳罰に処されるべきだ。「アンネの日記」は単に「アンネ・フランク」という一人の少女の日記というだけではない。悲惨な目に遭わされたあの時代のユダヤ人を代表するものである。

2014年2月25日 (火)

狂気の全理事辞表提出要求

 籾井NHK会長が、今度は全理事に日付を空欄にした辞表の提出を要求し、ことごとく理事がこれに従って提出していたということが明らかになった。全く、こうなると発言云々以前の問題で狂気の沙汰であると言うしかない。

 そもそも、NHK会長には人事権が与えられているから、別段わざわざ辞表を取る必要はない。不適格と認める理事がいれば、経営委員会の同意を得て罷免すれば済む話である。形式的に理事の自発的辞任にしたいのかも知れないが、そんなことをしたところで何か意味があるわけではない。そもそも、理事の側から「辞任したつもりはない」と言われればそれまでのことである。もし、このようなやり方がまかり通るのなら、使用者は採用時に日付を空欄にした退職届を提出させ、解雇したくなればそれを使って「自己都合退職」にしてしまうことが可能になってしまう。

 籾井会長は前職では親分肌の人物として人望があったという。が、このようなタイプは独断と暴走、強権的な手法に走りがちだ。それは、「ドラえもん」でのび太に対するジャイアンの行動を思い出せばよい。ジャイアンはのび太やドラえもんを体を張って守る一方、理不尽な虐めを繰り返している。

 「自分の好きな時に、自発的辞任と言う外見を取って理事を解任する」というのは、組織の長としてあるまじき振る舞いだ。強権的な手法を取るのは、そもそも自分の考えを部下に説明できない、自分のやり方で部下から共感を得られない証左と言えるのではあるまいか。

 従軍慰安婦問題は歴史問題だから個人として色々な考えがあってよい。実際、学術的にも争いがあるところだ。しかし、「メディアは政府に従うのが当たり前」というメディアの責任を放棄してNHKを宣伝省にでもするが如き発言や、今回の辞表提出要求は常軌を逸している。安倍総理が好んで任命した以上、任命責任が問われてしかるべきではないか。

2014年2月23日 (日)

森東京オリンピック組織委員会会長ジョーク

 「森さんの一番得意なスポーツは、やっぱりラグビーなんだろうか?」

 「違うね。一番得意なのはボブスレーだよ。右も壁、左も壁、そして奈落の底に真っ逆さま」

« 2014年2月16日 - 2014年2月22日 | トップページ | 2014年3月2日 - 2014年3月8日 »