« 国家は自殺することすらできる | トップページ | ものを書くということ »

2014年3月19日 (水)

まずは会えてよかった

 拉致被害者横田めぐみさんの御両親夫妻が、モンゴルのウランバートルで孫と曾孫に面会することができた。長らく叶わなかった面会であるが、これはよかったのではないかと思う。

 確かに、日本政府が何らかの譲歩をしたのではないかと疑われる可能性はある。しかし、高齢の横田夫妻にしても外国に出かけられるだけの健康と体力のある時間は限られている。また、日本政府が北朝鮮に譲歩したいと思っても、それは国民が許すまい。今回の措置は北朝鮮に対して見返りはない「人道的なもの」として両国とも捉えるべきと言えよう。

 一番恐れていたのは、「感動の再会」が北朝鮮あたりで撮影され、ばら撒かれることであった。今回は特に映像は出ておらず、この一件を北朝鮮が宣伝に使うことは難しい。また、孫やひ孫に会うことができたと言っても横田さん本人は「死亡した」ことにされており、未だ面会できたわけでもない。孫やひ孫に会うことはできたが、本質的な問題は何も解決していない。

 北朝鮮は日本がこの問題に関しては譲歩しないことを知るべきだ。人道支援に関しては北朝鮮が今のような瀬戸際外交をやめれば労を惜しまないだろうが、相変わらず独裁政権が瀬戸際外交を続けているようでは国内外の理解を得られない。

« 国家は自殺することすらできる | トップページ | ものを書くということ »