« 台湾政界大混乱 | トップページ | 医療現場の労働問題 »

2014年3月27日 (木)

クリミアの併合既成事実化へ

 ロシアがクリミアの併合を着々と既成事実化している。ウクライナにはロシアと正面切って争うだけの軍事力は無く、ウクライナ海軍に至ってはほとんどの艦艇がロシアに投降してしまい、事実上壊滅してしまった。

 欧米諸国はロシアを非難しているが、それ以上の動きは鈍い。少なくとも、ロシアを実力でクリミアから追い出そうとは誰も考えていない。こうなると、ロシアが併合を既成事実化できる可能性はかなり高くなる。それを読んで、プーチン大統領も急いでいるのだろう。

 残念ながら、大国のやりたい放題に国際社会は無力であった。この事実を、日本も再認識する必要がある。

« 台湾政界大混乱 | トップページ | 医療現場の労働問題 »