« 訪韓日本人の減少に思う | トップページ | ネルソン・マンデラ元大統領死去 »

2013年12月 5日 (木)

秘密保護法の成立が確実に

 秘密保護法が参議院を通過し、成立することがほぼ確実になった。これだけ内容について政府内ですら見解の相違が多い法律が簡単に通過してしまうことに、いささか恐怖心を覚えないではない。

 現実には、この法律が適用されて処罰されるということはほとんど起こらないだろう。この手の法律は国民の「抑制」が真の目的であるからだ。「物言えば唇寒し何とやら」という時代になるのではないか。

 既に、大手のマスコミは数十年前から政府与党の問題を暴き立てるということをしなくなっているが、これは沖縄返還密約事件が影響していると言われている。あの事件は毎日新聞の西山太吉記者が国家公務員法の「そそのかし」に問われたのだが、最高裁で有罪となつたこともあって、新聞記者の活動を委縮させる効果はその後も存続していると言われている。

 昨今の秘密保護法の議論の中で西山記者は国家権力と闘った英雄にされてしまっている感があるが、裁判で「ひそかに情をつうじ」と話題になったとおり、人妻である蓮見喜久子外務事務官と性的関係を結んで情報を持ち出させていたのは事実であったから、取材手段の点で問題がなかったとは言えまい。

 今後、実際に秘密保護法違反に問われた被告人の公判でこの法律が「憲法違反」ではないかと争われる可能性は高い。実際には裁判所が違憲として無罪判決を出したとしても、被告人は職を失い長い法廷闘争で消耗し、人生は破たんしていることだろうが、争う人は出てくるのではないか。裁判官の良識が問われることになる。

« 訪韓日本人の減少に思う | トップページ | ネルソン・マンデラ元大統領死去 »