« トルコ中央政界汚職事件 | トップページ | リニア中央新幹線着工へ »

2013年12月27日 (金)

安倍総理の靖国神社参拝に思う

 靖国神社参拝に意欲を見せていた安倍総理が、ついに参拝に踏み切った。もちろん、中韓は激怒しているが、このあたりまでは誰もが想定の範囲内であっただろう。しかし、アメリカやEUが露骨に不快感を示している。これは今までの靖国神社参拝には見られなかった現象だ。

 言うまでもなく、戦没者追悼の姿勢は各国共通のものである。だからこそ、政治的にこの問題を利用したかった中韓はともかく、それ以外の国では「靖国神社は日本式の戦没者追悼施設である」という理解がなされており、格別の問題視はされてこなかった。中東情勢に振り回されているアメリカが中韓との関係を損なうようなことを日本にさせたくないという意図は分かるが、EUの不快感はただごとではない。

 中韓特に韓国は「日本はナチスと同じ」と喧伝を続けてきた。大統領以下、その執念は凄まじいものがある。靖国神社がアーリントンと同じ位置づけならば問題視されないだろうが、日本はナチスと同じで靖国神社の英霊は親衛隊と同じと言うことならば話は違ってくる。特に反ナチスでなければならないEU諸国としてみれば、日本を擁護することでナチス擁護者とされてしまえば社会的に抹殺されてしまうから、過剰な反応になったのだろう。

 諸外国への宣伝と言う点において、特定アジア諸国の方が一枚も二枚も上手であったと言える。これで「日本=ナチス」「旧日本軍=ナチス親衛隊」が欧米諸国で常識になってしまえば、安倍総理の靖国神社参拝はドイツの首相がヒトラーを賛美するのと同じように見られてしまう。中韓の反応よりも、EUの反応を注視すべきではないだろうか。

« トルコ中央政界汚職事件 | トップページ | リニア中央新幹線着工へ »