« 記憶にございません | トップページ | 「みんなの党」が分裂 »

2013年12月19日 (木)

猪瀬東京都知事が辞職

 猪瀬東京都知事が辞職した。至上最高の得票で都知事に当選し、オリンピック招致に成功したことが嘘のようなあっけない辞職表明となった。絶頂に達した後は転落しかないが、そのあまりの早かったのにただ驚くばかりである。

 猪瀬知事は「政策に明るくても政治には疎かった」という趣旨の発言をしているが、そもそも5000万円を受け取ってよく覚えていないということ自体が従来の政治家と変わらないことを自覚していなかったのだろうか。

 また都知事選挙が行われる。東京都知事は首都の首長ということもあって、単なる一自治体の長というだけではない広がりを持っているし、影響力は大きい。知事を決めるのは東京都民だが、国民としても無関心ではいられない。

« 記憶にございません | トップページ | 「みんなの党」が分裂 »