« リニア中央新幹線着工へ | トップページ | 2014年 »

2013年12月31日 (火)

平成25年大晦日

 平成25年が間もなく暮れようとしている。この一年を振り返ってみると「アベノミクスにはじまり、アベノミクスに終わった」感がある。良くも悪くも、安倍総理の独自性が表に出た一年間だったと言えよう。

 長年続いてきた「決められない政治」に対する国民の不満が昨年の衆院選と今夏の参院選で自民党に多数を与え、安定政権をつくる原動力になったと言われている。少なくとも安倍政権は安定した国会運営を行っており、昨年まで与党だった民主党を含めて野党の存在感は極めて希薄だ。したがって、与党としては「野党が反対しているからできなかった」という言い訳は最早使えない。現在の日本の状況そのものが、与党の成果だと言える。

 少なくとも、経済の数字は上向いてきている。これをもって、政府与党は「アベノミクスは成功した」と喧伝している。しかしながら、労働者の賃金はアベノミクスでも一貫して下がっている。確かに、大企業の正社員クラスはボーナスも増えてアベノミクスの恩恵を「実感している」と言っていたが、非正規労働者には景気回復の実感は全くない。それどころか、消費税の増税や物価の上昇が生活を直撃している。更に、安倍政権は労働規制緩和をやりたくて仕方がないが、現在でも青息吐息の労働者は更なる激烈な競争に晒されることが予定されている。そして、セーフティーネットは下がる一方だ。これでは、彼らに「消費せよ」と言っても無理である。より安いものを求め、少しでも余財ができれば貯蓄に回さざるを得ない。

 来年は東京都知事選挙はあるが、国政選挙の予定はない。秘密保護法の審議を通して、政府与党は強行突破を辞さず、野党は弁舌ですらそれに対抗する力を持たないことが明らかになっている。来年は安倍政権の動き方によっては、中間層以下の国民にとっては更に厳しい一年が待っているのではないか。

« リニア中央新幹線着工へ | トップページ | 2014年 »