« 中国艦艇射撃レーダー照射事件 | トップページ | 新年快楽 吉祥如意 »

2013年2月 9日 (土)

今度はロシア空軍機が領空侵犯

 東シナ海で中国艦艇から護衛艦が射撃レーダーの照射を受けて大騒ぎしていたところ、今度はロシア空軍機の領空侵犯事件が発生し、航空自衛隊がスクランブルをかけるという騒ぎが起きた。

 残念ながら、「国際法」は違反行為に対して救済を申し立てることはできないことはないが、それを守らせる強制力は各国家に委ねられているというのが実情だ。力がなければ「やられっぱなし」にならざるを得ない。この厳然たる事実に苦しんできたのが、他ならぬ中国と韓国であった。彼らにしてみれば、かつて自国にやられたことと同じことを日本に対してやっているだけの認識ではなかろうか。

 外交・安全保障は民主党政権で大幅に弱体化した感があるが、自民党が政権に復帰しても実態はあまり変わっていないように思われる。確かに、防衛予算の増額はある程度実現したが、それ以外の安全保障を確保する組織づくり制度作りは実質的に手つかずのままだ。また、外交面でも国内向けのPRは別にして強硬姿勢は控えられる傾向にある。自民党政権になったとしても、支援を受けている財界と連立を組む公明党の意向は無視できないのであろう。

 日本周辺の諸外国が一気に日本に対して厳しい姿勢を取り始め、日本の政権交代後もそれが続いている。民主党政権と自公政権で「大きな違いはない」と見たからこそ、強硬姿勢を継続しているのではないか。だとすれば、日本の今後もいばらの道とならざるを得ない。「強い日本」というのも幻想でしかなかったということになる。

« 中国艦艇射撃レーダー照射事件 | トップページ | 新年快楽 吉祥如意 »