« いじめっ子をぶちのめせ? | トップページ | ロンドンオリンピック閉幕 »

2012年8月11日 (土)

韓国大統領の竹島訪問

 韓国の李大統領が竹島を訪問し、自国領であると高らかに宣言した。韓国では政権末期になると毎度のように「反日」が叫ばれるが、現実主義をもって発足した李政権もその例外ではなかったようだ。

 もっとも、竹島問題は日本側にも大きな責任がある。長らく韓国政府をまともに批判せず、問題そのものがないような態度を取り続けてきたことだ。「弱腰外交」「土下座外交」を続けていれば、相手国が「勘違い」するようになることはもっともである。北方領土や尖閣でも、同じような状態になりつつある。玄葉外相は駐韓大使を一時帰国させる意向を示しているが、不快感の表明はもっと早くに行うべきであった。それでも、具体的な行動に出た事については評価しても良い。

 中国大使に関しても交代させる可能性が出てきているが、こちらは定例人事異動に関連させて「更迭」にはしないという。とんでもない話だ。こうした態度を取り続けることは、相手国に誤ったメッセージを送ることになる。竹島の実効支配を喪失しているという事実を、日本政府はもっと厳粛に受け止めるべきだ。竹島を喪えば対馬が危なく、対馬を喪えば九州あたりもどうなるか分からない。

« いじめっ子をぶちのめせ? | トップページ | ロンドンオリンピック閉幕 »