« 終戦記念日 | トップページ | 「中京維新の会」? »

2012年8月17日 (金)

中国活動家尖閣諸島上陸事件

 

                   

 中国の活動家が尖閣諸島の魚釣島に上陸し、待機していた日本の警察・海保・入管関係者によって逮捕されると言う事件が起きた。上陸を阻止しようとした日本の巡視船は中国の活動船によって体当たりされ、傷だらけになった姿が確認されている。2年前の事件を思い出した者は多かったのではないか。

 そして、日本政府の態度もまた二年前の菅内閣が行った対応を思い起こさせる。どうやら被疑者の取調べは行うものの、中国政府の要求通り帰国させることになるらしい。あまりにも、情けない対応だ。二年前に中国政府にひたすら恭順の意を示したことが、今回の事件を含む日本の領土への諸外国の浸食を招くことになったという反省がない。

 今回注目すべきは、中国政府の外交担当者のみならず商務担当者も同じような対日発言をしているという点である。これは、中国に進出している日本企業を人質に取っていると言う事を雄弁に物語る態度ではないか。自民党政権時代から日本の財界は中国を刺激しないように政府与党に求め続けてきた結果と言えよう。

 民主党政権は発足以来、日本の安全を破壊する外交政策を取り続けてきた。日本の国際的影響力と安全は最悪の状態に陥っていると言える。もっとも、現在この事件に対する強硬策を主張している自民党にしても、政権与党時代には中国政府を刺激することを避け続けてきた。尖閣諸島近辺を中国の調査船が闊歩しているのを長らく咎めなかったのは自民党政権である。

 日本は衰退と解体の道を歩んでいると考えているのは私だけではあるまい。

« 終戦記念日 | トップページ | 「中京維新の会」? »