« 韓国大統領の竹島訪問 | トップページ | 終戦記念日 »

2012年8月13日 (月)

ロンドンオリンピック閉幕

 ロンドンオリンピックが閉幕した。日本は金メダルの数こそ北京オリンピックを下回る7個にとどまったものの、銀メダル14個と銅メダル17個を獲得し、合計メダル数38個となった。

 この38個というメダル数だが、どの程度凄いのかと言うと、2004年のアテネオリンピックの37個を上回り、一度の大会で獲得したメダル数として過去最高である。また、日本が1928年にサンモリッツオリンピックで初参加して以来冬季オリンピックで獲得したメダルの「総数」が37個である。

 下馬評の高かったジュードーが振るわなかったのは残念であるが、レスリングでは多くの金メダルを獲得し、ボクシングや卓球など従来はあまり日本選手が活躍できなかった分野でもメダルを得ている。ジュードーが「世界競技」になって「柔道」を生みだした日本の手を離れつつあることを実感させられずにはいられない大会ではあったが、一方で新たな分野で日本が活躍できることも明らかになった。「お家芸」も時が経てば変わるものなのだろう。

 外国人選手との「体格差」を埋めるのは簡単ではないが、射撃やアーチェリーなどは体格の差を技術で埋めることが可能な競技であり、競技をはじめるのが遅い選手や年配の選手でもメダルを獲得した実績がある。更に幅広く選手団を送れる国になるよう期待したい。

 私としては「ルール」を考えさせられた大会であった。日本は必死にルール内で頑張るが、欧米諸国はルールそのものを狙っている。これはオリンピックだけの問題ではない。

« 韓国大統領の竹島訪問 | トップページ | 終戦記念日 »