« アメリカ大統領選挙で候補者出揃う | トップページ | 鳩山元総理のイラン訪問 »

2012年4月 7日 (土)

「男たちの大和」

                  

 4月7日は、1945年に沖縄特攻作戦で戦艦大和が沈没した日である。戦艦大和を取りあげた作品は多いが、中でも秀逸なのが逸見じゅんの「男たちの大和」である。数年前には松山ケンイチ主演で映画化されたので、ご覧になった方も多いだろう。

 私は中学1年か2年の頃に原作を読んでいる。当時からこの作品には、他の作品と違ったものを感じていたのだが、当時の私にはそれは分からなかった。それが分かるようになったのは、二十歳を過ぎた頃である。

 「男たちの大和」は下士官兵に焦点を当てた作品なのだ。戦後、士官・士官相当官経験者はフイクション・ノンフイクション問わず多くの作品を残しているが、下士官・兵経験者は士官に比べて圧倒的に多数派であったにもかかわらず、ほとんど書き残していない。これは、士官がインテリであったのに対して、下士官兵はおおむね農家の次男以下の人々で、高等教育を受けていなかったためであろう。「書き遺すこと」という行為自体、思いつかなかったのかもしれない。また、職務自体が組織全体を見渡せると言う性質のものでもなく、断片的な経験ではその人物がその艦艇の中でどんな位置付けの仕事をしていたのか、それすら分からないことになる。しかし、彼らが何も考えていなかったわけではないし、何も後世に伝えたいと思うものがなかったわけではなかった。作者は、「大和」と関わった多くの元下士官兵にインタビューを行い、作品をまとめ上げている。

 映画版は原作のエピソードをカットしたり短縮したりして「寄せ集めた」感が強いが、映画の時間の中に納めるには仕方がなかっただろう。まして、原作の「男たちの大和」には特定の主人公が設定されているわけではない。一応、機銃員であった内田貢という下士官出身者の周辺の記述は多いが、これは内田元兵曹が生還者であり多くのエピソードを口述できたためだろう。

 当時の中産階級以下の階級で軍隊や戦争はどのような位置付けであったのか、当時の中産階級以下の層であった下士官兵のエピソードを読み込むことで、その一端がおぼろげながら分かってくる。どうしても私が感じてしまうのは、貧困国の悲しさだ。徴兵された人々はもとより、志願した人々のエピソードにも「家が小作農で食っていく道がなかった」「子だくさんで家に居場所がなかった」「金がなくて高等教育を受けられなかった」というようなものばかりだ。「憂国の情」だとか「軍人の勇ましさに対する憧れ」などはほとんどないと言ってもいい。はやり、軍隊といえども経済社会を構成する一つの機関であり、その経済社会の状態と無縁ではいられないのだろう。

 大和を中心とする第二艦隊特攻作戦については当時から現在に至るまで多くの批判と謎が残されているが、私が疑問に感じているのが戦死者の特進の問題である。

 特攻作戦の戦死者は原則的に二階級特進であり、下士官・兵については三階級特進や四階級特進と言う規定もあった。これは単に戦死者の名誉のためだけでなく、遺族にとっても重大問題だった。何故ならば、戦死者に対する恩給は階級によって決められるからである。これは、職位が低くとも平均標準報酬額が高ければ遺族年金も高くなると言う現在の遺族厚生年金のシステムとは全く異なるものだ。

 四階級特進であれば、仮に実戦部隊の最下級である二等水兵でも二等兵曹に昇進できる。当時の官公庁の身分制度は現在のキャリアに当たる高等官とノン・キャリアにあたる判任官があり、士官は高等官、下士官は判任官であった。ここまでが「官吏」というカテゴリーに入る。一方で、兵は官吏には含まれなかった。兵の位置付けを軍以外の官公庁に当てはめると「雇員」や「雇人」という身分に相当し、これは「臨時雇い」に近い性質のものである。「兵は一千五厘のはがきで引っ張れる」という話があったくらいだから、当時の当事者の認識もまさに「臨時雇い」であったわけだ(実際には召集令状がはがきで送付されることはなかったのだが)。四階級特進制度によって、最末端の兵でも官吏たる下士官に昇進できるようにしたわけである。戦死者に対する遺族恩給について、通常の戦死と特攻による戦死で区分けして、特攻死を優遇する制度で、どうせ死ぬなら自発的に特攻に行かせようと言う制度設計の恐ろしい意図が読み取れる。

 第二艦隊の沖縄突入作戦は、作戦立案時から水上部隊による特攻作戦であることは認識されていた。第二艦隊の伊藤司令長官以下兵の末端に至るまで、特攻作戦であるという認識を抱いて出撃して行った。ということは、戦死者は最低でも二階級特進の栄典が与えられ、遺族には特進後の等級に基づく遺族給付がなされてしかるべきところである。ところが、そうはならなかった。

 「男たちの大和」の単行本の末尾には、大和乗組員と第二艦隊司令部職員等として大和に乗り組んでいた戦死者の膨大な名簿が収録されている。これを見るだけも大和での犠牲者数の多さを実感させられる。一人ひとりの名前を目で追う度に、一人ひとりの人生があったことを思い起こさない者はいないであろう。

 大和乗り組みの筆頭には艦長として戦死した有賀幸作大佐の名が記されている。有賀館長は二階級特進して海軍中将となっている。一方、その他の戦死者は一階級特進に留められている。下級士官から下士官兵は基本的に特進の措置は取られているが、全て一階級特進である。

 何故、「特攻作戦」にもかかわらずこのような差異が取られたのだろうか。作戦が失敗したからか。大和沈没の直前に伊藤司令長官は作戦中止を命じたという説があるが、そのためなのか。伊藤司令長官の戦死後に先任指揮官として指揮権を引き継いだ古村第二水雷戦隊司令官が撤退を命じたからか。納得できる答えには未だ辿り付けていない。

                戦艦大和

« アメリカ大統領選挙で候補者出揃う | トップページ | 鳩山元総理のイラン訪問 »