« 単なる「防災」の連呼で終わってはいけない | トップページ | 地域政党の党内手続きをめぐる問題 »

2011年4月11日 (月)

愛知県議会に対して望むこと

 愛知県議会議員選挙の結果が出ました。地域政党がそれなりに議席を伸ばし、民主党が大敗する一方で自民党も議席を減らし、突出した存在がなく、ある意味では群雄割拠の状態になったように見えます。

 最大会派となる自民党も、日本一愛知の会に推薦されたグループとその候補者と戦って当選してきたグループがあり、一枚岩ではないと言われています。減税日本と日本一愛知の会が統一会派を組むことはともかくとして(そもそも、このふたつの地域政党も微妙な認識の差で争いになる可能性はあるように思いますが)、自民党が親大村知事派と反大村知事派に分かれて争うようになれば、県民は何が何だか分からないという状態になるのではないでしょうか。

 親知事の立場だから知事の言う事には賛成、反知事の立場だから知事の言う事には反対と言う、かつてのローマ教皇派と神聖ローマ皇帝派の不毛の対立のような真似だけはやめていただきたいものです。必要なのは、冷静な議論ではないでしょうか。

« 単なる「防災」の連呼で終わってはいけない | トップページ | 地域政党の党内手続きをめぐる問題 »